2001年09月30日

歩みを緩める週間



ワールドスタンダード/鈴木惣一烽フ 実録!モンドくん日記


「趣味を軽く扱うな。趣味は選択であり、その人の生き方につながる」。ハリーの名著『地平線の階段』からスーザン・ソンタグ氏の引用です。ホントその通りで、音楽にまつわることすべてが僕のお仕事であり、全くの趣味。だから毎日がお遊びでお仕事。ですから、たのしくたのしく疲れます。この「モンドくん日記」は基本的に僕が毎日、何を見て、聞いて、買って、読んで、何を感じたか?それだけを記したものです。けれど、その記述だけで僕自身の全人格、生き方がわかります。わかるはずです。すべて実録いやホント。気軽に毎週ウォッチングしてみてください。さあ、今日から貴方もモンドくんウォッチャーだ!。(鈴木惣一朗/worldstandard)

歩みを緩める週間

9/20と21(木と金)
お休み。いなせな庭師の方が桜の木の回りをきれいにしてくれたので、ずっと磨きたいと思っていた庭のタイルをぼくも磨く。すっきりした。肌寒く、本格的に秋だ。ぼくの仕事のピークも越えた。先日、購入したサイモンとガーファンクルのリ・マスター版のボーナス・トラックだけを一枚のCD-R に焼く。「ブック・エンド」のデモ(Bパートが出来ていないヴァージョン)に感激。イノセント・サイレンス。夜、冷えるので初めて毛布を出す。「イマジン」が、放送禁止の歌となった。

9/22(土)
「というわけで。老眼なの。よかった。」。.........マックの様子がおかしいので、テストで書いた文字が「というわけで。老眼なの。よかった。」。何か面白いのでそのまま日記に記しておきます。あとは、今日は、山本くんに又来てもらって、一緒にマックのケーブル関係すべてを延長して、仕事部屋のレイアウトを変え、マックの中味も少し環境を整理してもらった。そんな日。

9/23と24と25(日と月と火)
何もない日。今、気にいっているCD は。rebecca gates『ruby series』。JEFF LONDON『COL.SUMMERS PARK』。主張があるようで、あまりない音楽。今の気分だな。聴き直している音源は。オールマン・ブラザーズ・バンド『WIN,LOSE OR DRAW』。いいね。仕事が一段落するとぼくは風邪をひく。どうやら、今も少しノドが痛い。又しても、風邪と折り合う季節がやってきたのか。
すごい音源....ポール・マッカートニー新作先行シングル『フロム・ア・ラヴァー・トゥ・ア・フレンド』

9/26(水)
青山フレア・スタジオへ。福岡史朗くん、新作マスターリング・デイ。土井くんも一緒に立ち会ってくれた。もっこりとした、気持良いアナロジカルな音になったと思う。アルバム・タイトルは『一期の畝』、コロンビア/SHAN-SHANレーベルより12月3日発売です。御期待ください。

9/27(木)
明らかに風邪をひいているが、渋谷の某デニム屋に裾上げ直し済みのパンツを取りに行き、ついでに、その向かいにリ・ニューアルした、某SHIPS大型店 でジャケットを買い、クラークスで履き潰したワラビーの別ヴァージョンも買う。ふつうの日。

9/28(金)
急遽、来週、サザン・オールスターズのベーシスト/関口さんのソロ・アルバムのコンベンション(10/3青山CAY)にノアルイス・マーロン・タイツとして出演することとなった。面白そう。青柳くんやmoosehillのゴローさんも出るらしい。楽しみだ。

9/29(土)
池尻大橋ユニヴァーサル・スタジオヘ。あがた森魚氏、新作ミックス・ダウンの日。スタートは昼1時。終了は夜中の4時。ぼくの担当分は二曲。ミキサーの岡田くんは、とても明るい楽しい男で、音の指向性もぼくとウマが合う。難しいミックスだったが、彼が頑張ってくれて、とても丁寧かつダイナミックな良い出来となった、ありがとう、満足です。でも、風邪は完全に悪化。


9/30(日)
長嶋茂雄、引退の日。もう、それだけでいいでしょう。何も書けません。本当にお疲れさまでした。何か、アメリカの事件のことや、長嶋さん等々、今年の秋の時代の気分は明確に鬱だなぁ。苦手です。あかるくたのしく生きたい。
posted by dwww at 00:00| 実録!モンドくん日記